墓じまいの事はお任せ

墓じまいをお考えの方へ

ー墓じまいの流れー

①親族・関係者との話し合い

先祖墓の墓じまいを計画されると、まずそのお墓の関係者や親族の方たちと墓じまいをする事や、遺骨の行き先など話し合いを必ず行いましょう。

当社が工事を終わった後、知らされていない関係者の方が、『うちのお墓がなくなっている!』と親族間のトラブルになる事もよくあるケースです

その話し合いで、関係される方々に工事を行う事とその工事日程、また各ご遺骨の祭祀者が誰か?などをはっきりさせる事が必要となります。


②現在収蔵しているご遺骨の把握

親族全員の合意を得て『いざ工事』の前に、まず現在納骨しているそれぞれのご先祖の名前や火葬場所、本籍や住所などを調べる事から行います。

ご遺骨を他の場所へ移動するには『改葬許可申請』という手続きを行わなければなりません。

申請に必要な項目は、故人名・住所・本籍・性別・火葬場所・性別・申請者との関係などです。

事前に納骨室内の調査や手続き代行もいたします。またご遠方にはご遺骨の郵送もいたします。


【改葬許可申請書見本】北九州市書式

北九州市ホームページでダウンロードできます。


 

③工事前の法要

工事の契約が決定した後、お客様の菩提寺様に墓じまい工事前の法要をお願いします。

宗派によってしきたりの違いがあるので、お寺様に必要なものなどを事前に確認をおこないます。

宗旨宗派によって法要の言い方に違いがあり、例えば、浄土真宗では閉眼供養や日蓮宗などは抜魂式などと呼ばれます。

また、宗旨宗派などによっては、墓前での法要は行わず、本堂にて法要を行う場合もあります。



③墓じまい解体工事

墓じまい(解体処分工事)はお墓の石材量・現場の状況・基礎の有無しなどで金額が変わります。

写真は実際に行った工事で、現場は大型クレーンの使用が可能で作業はスムーズに行われました。

基礎があり、基礎部分の撤去後は基礎部の地下部分のへこんだ部分に真砂土を敷き、整地します。

工事が人力での作業の場合は価格がかわります。


墓石(石材)部分解体開始状況




④石材の処分方法

墓じまい(解体処分工事)後の石材の処分は国が定めた処分場へ書類(マニュフェスト)を提出し有料にて適性な方法にて処分をおこないます。

石材の処分費は価格基準があり、ネットで『安価にて処分をいたします』などをよく目にしますが、どう安く見積もっても処分費が計算されてない価格を提示したサイトがあるのも現実です。

業者が逮捕される事はもちろん、依頼された方が違法投棄に対する責任が生じる場合があります

そのような事にならないように、きちんとした工事業者へご依頼される事をおすすめします。


④当社の工事範囲

当社がお受けする墓じまい(解体処分工事)の範囲は県内はもちろん県外での工事もOKです。

工事見積りは無料です。まずはご相談ください。




株)長田石材工業